KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

欧州遠征2014 Summer その4

9月15日撮影記の続きです。
前回記事は薄晴れの時点で終了しましたが、時間が経つにつれてどんどん雲が消え、ついにご来光。
IMG_1482.jpg

背景も青空に近くなったところで、インターシティがやってきました。
DSC_6223.jpg
IC2073 218 381+218 380+客車7B Keitum~Morsum

運良く重連牽引で最高です!!
特に気にしませんが、排気口の向きを見ると分かる通りエンド揃いです。

逆から単機牽引のAutozugも来ました。なお、Autozugは列車番号が乗っている資料が無いので、列番不明です。
DSC_6261.jpg
白H車でラッキー。

DSC_6263.jpg
キャンピングカーの建築限界がかなり怪しいです。非電化でトンネルがない区間ですが、一応跨線橋や陸橋はありました。

普通列車はこんな感じの編成が来ます。
DSC_6234.jpg

DSC_6244.jpg
上の画像の編成は、制御客車+客車+ディーゼル機関車+客車+制御客車の編成になっています。ドイツでは下の画像のように制御客車が片側に付いたPendelzugタイプの編成は普通ですが、両側に制御客車が付いた編成は珍しい気がします。

かぶりつきの撮影地を探していたら、ちょうどインターシティが来たので手持ちで一枚。
DSC_6265.jpg
IC2170 218 372+客車6B Keitum~Morsum

色々探すと築堤上にちょっとしたお立ち台が。ネットでは見たことない撮影地ですが、雑草が微妙に踏み固められていたので既に開拓済みなのかもしれません。
立ち位置はこんな感じ。

IMG_1485.jpg

そして218型が接近。
DSC_6318.jpg

DSC_6274 - コピー
順光で重連Autozug撮れました!!
1時間毎のパターンダイヤなので、これまでと同様に逆方向のNiebüll行きAutozugが先に来ると思っていたのですが、この18時台のAutozugから、Westerland行きが先の通過になりました。どうやらこれまでは遅れていたようで、本来はKeitumでAutozug同士が交換するのが所定のようです。油断していたので構図合わせに戸惑いましたが、なんとか撮れてよかったです。
カマも白H車、スノープロー付きでVでした。今回の撮影中では、この341番が唯一のスノープロー付きでした。
スノープローが付いていた方が締りがあっていいですね。

背後のKeitumで交換したAutozugも重連でした。
DSC_6280.jpg
サマータイム中なので、9月半ばの18時半でもこんな感じの光線です。

以下、普Dシリーズです。
DSC_6287.jpg
DE2700。Vossloh製の出力2700kW、最高速度160km/hのディーゼル機関車。さっき客車にサンドイッチされていたのも同じ形式です。DEなのにC-Cの6軸機。

DSC_6291.jpg
Siemens製のER20。MRCE(Mitsui Rail Capital Europe)塗装です。ケツ撃ちなのでブラインドが降りています。

DSC_6302.jpg
旧タイプの制御客車。幕に“Herzlich Wilkommen=ようこそ”と書いてあります(笑)

最後にAutozugを撮って撤収。
DSC_6320.jpg

折角なので、Westerland駅近くで魚料理を食べ、レンタサイクルを返却してホテルに向かいました。
IMG_1486.jpg

ホテルはドイツ本土のKlanxbüll駅から徒歩20分くらいでしたが、スーツケースを引きながら街灯が全くない道を歩くのはかなり怖かったです。無事に到着できてよかった。

次回に続く。

スポンサーサイト
2014-10-12 : ドイツ Deutsche Eisenbahn : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-12-27 19:47 : : 編集
Re: No title
>>鈴木@途中下車様
コメントありがとうございます。
こちらも長々放置してしまい、大変申し訳ございません。

ちまちま続きを書いていきますので、ご笑覧ください。
2015-02-24 02:05 : KE70HF URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。