KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

風っ子ストーブ磐梯 & 鹿島貨物

試験が終わったので撮影に行ってきました。

2月17日は風っこをやりに磐越西線へ。今年も控車にみのり中間車が登板しました。
_DSC4922 - コピー
9223D 磐梯熱海~中山宿

_DSC4933_001.jpg
回9253D 会津若松~堂島

客扱いは会津若松~喜多方の1往復のみですが、喜多方~会津若松間で回送が設定されていたので,まずまずの撮影効率でした。


2月20日は晴れ予報を信じて鹿島に行くも、本命の北浦橋梁での77レは陰られて撃沈。鹿島臨海鉄道線内まで追っかけるも、再び曇られ撃沈。

午後からなんとか天気が持ち直し、72レはバリ順で撮影に成功。
_DSC4945.jpg
72レ 滑河~久住
ここで元岡山組のカマを撮ってみたいですね。72レの荷と、ここの構図の雰囲気がどことなく伯備線の根雨黒坂あたりを思い起こさせます。

お次は折角なので少し足を伸ばして牛久山で安中貨物を撮影することに。
_DSC4950.jpg
5388レ 佐貫~牛久
いつの間にか架線柱が新しくなっていてびっくり。

続行のフレッシュひたちも葬式がてらきちんと撮影。
_DSC4954.jpg
1036M フレッシュひたち36号 佐貫~牛久

最後に再び鹿島線に戻り、70レを撮影。
_DSC4965.jpg
70レ 大戸~下総神崎
良い感じの光線でやってきてくれました。荷もソコソコの積載率で満足です。
ここの撮影地に来たのはEF65 57が最後に鹿島線に入ったとき以来なので、約5年ぶりの訪問でした。

20日は1041・1015の他に1047が鹿島運用に入っていました。現在の1015と1047はどちらも新更新色になってしまいましたが、以前は両機とも希少な塗装のネタガマでしたね・・・・・・。

~~~業務連絡~~~~
・春休みになったので、模型記事もまもなく再開予定です。
・ドイツ鉄道103形に旅客運用が復活しました。
フランクフルト所属車
ミュンヘン所属車
自分もまた撮りにいきたいなあ。


2013-02-20 : 実車撮影 Eisenbahnfotos in Japan : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ヨーロッパ2012夏 その7

まもなく期末試験ということでなかなか模型作業が進捗しないので、途中になっていたCNL乗車記の続きでも書きたいと思います。

前回はイタリア-オーストリア国境の街、Travisio Boscoverdeを発車するところまで書いたので、今回はそこからの続きです。
DSC_6497.jpg
Travisio Boscoverdeからは1116形が牽引しています。

本当はずっと起きているつもりでしたが、列車が駅を出てからしばらくして寝落ちしてしまいました。
約30分ほどすると、列車が停車する振動で目が覚めました。せっかくの機会なので眠気と格闘しながらも外に出てみます。
DSC_6514.jpg
オーストリアのVillach Hbfに着いたようです。9月下旬とはいえ、山岳地帯の駅なので結構寒かったです。

先頭の方でなにやら再びカマ交換をしているようです。
DSC_6529.jpg
列車の進行方向が変わり、機関車が重連になっています。先頭の本務機はVillachから連結された1016 022、次機はTravisio Boscoverdeからこの列車を牽引してきた1116 140です。

ここからはタウルスの重連にエスコートされて峠に挑みます。
DSC_6522.jpg
と言いつつなかなか発車する気配がありません。時刻は午前1時を過ぎ、何の案内放送もありません。写真を撮っている間に発車してしまわないか心配だったので、ホームにいた乗務員氏に話を聞いてみると、この駅で併結する予定の別の夜行列車の到着待ちとのこと。少なくともあと30分は発車しないということなので安心して写真を撮っていると、今度は乗務員氏の方が話しかけてきました。
「電車好きなの?」→「はい」→「じゃあ運転席に入れてあげるよ」
というやり取りの結果、本当に1016形の運転席に入れてもらえることに。
DSC_6527.jpg
本物のタウルスの運転台を見ることができて感動です。ドイツ語会話を練習した甲斐がありました(笑)

次回に続く
2013-01-29 : 外国 Ausland : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【こまち】秋田局お座敷気動車を作る その3【おばこ】

冬休みなので、放置されていたこいつ↓の作業を再開することに。
写真 12-12-13 15 50 25
秋田局お座敷気動車です。

製作中断中も色々と資料を探していたのですが、どうやらキハ28側面のルーバーは埋められていたようです。
写真 12-12-24 10 26 21
ということで瞬着をルーバー部分に盛りました。形状的に気泡が入りやすいので、サラサラタイプの瞬着を毛細管現象を利用して少しずつ流していきました。

ヒケを防ぐために数日間乾燥させたあと、ペーパーで平らにします。
写真 12-12-24 11 31 59
削った跡を見れば判るとおり、ルーバー部分は単純な凸モールドではありませんでした。面倒臭がらずに瞬着を盛っておいてよかった。

今回は愛称幕の点灯化も目論んでいます。
写真 12-12-25 16 39 30
愛称幕の裏側に直接白色LEDを仕込みましたが、少し明るすぎるようです。回路的には前照灯用のLEDと並列になっているのですが、愛称幕用LED側だけに抵抗かCRDを挟まないといけないかもしれません。
本当はブリッジダイオードで前進・後進の両方で点灯するようにしたいですが、スペース的に大変そうです。

あとはちまちまとした板金作業を・・・・・・。
写真 12-12-24 11 43 22
なんとは冬休み中には塗装に入れそうです。
2013-01-06 : 気動車 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

謹賀新年

皆様あけましておめでとうございます。

今年の撮初めは明日の予定なので、2012年の撮納めの画像を貼り付けておきたいと思います。

121223 015
上信デキのクリスマストレインです。ここらへんは高崎にも近く、線路の周囲が田んぼばかりで撮影し易かったのですが、夏あたり?に高校の野球グラウンドができてから大分構図に制約が出るようになってしまいました。

26日にはリンク先の上野★地平さん主催の模型運転会にお邪魔させていただきました。
写真 12-12-26 12 57 22
明らかに自分の持ち込み車輛が浮いていてすみませんでした。
鉄コレ富山地鉄シリーズにみんなの注目を持っていかれたのが悔しかったので、次回は何かしらのネタを仕込んでいこうと思います。

製作中のキロ59も一応進行しています。
写真 12-12-25 16 39 30

そんなこんなで締りのないブログですが、本年もよろしくお願いします。
今年はデカい試験が少なくとも2つはあるのですが、学業と撮影と模型製作を何とか両立していけたらというのが当面の目標です。
2013-01-02 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

キハ30・37・38譲渡配給

12/12に磐越西線まで行ってきました。

121212 007 - コピー
配9223レ 山都~荻野

ここを含めて3発やって3発とも曇り・・・・・・。日出谷の鉄橋や上野尻入線は晴れたらしいですね。


上野駅に帰還したところ、OM08が停車中でした。
121212 045

ヘッドマークの上下に銀色の手すりみたいなものが付いてます。
121212 047

上部の手すりは随分複雑な形状をしています。
121212 048
恐らく大型ヘッドマークを取り付けるためのステーだと思いますが、こんなものが付いているとは今回初めて知りました。
Nゲージで再現するのはなかなか大変そうですが、いずれにせよ実車観察は大切ですね。
2012-12-13 : 実車撮影 Eisenbahnfotos in Japan : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。