KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

EF65 501を作る その1

実はEF60と並行してEF65501も制作中です。
途中までは作業内容が一緒なので同時制作していますが、こういう横着をすると、どちらかでコケるのが大いに予想されます。既にEF60の方は一度大事故を起こしてますが(汗

基本加工はEF60と一緒なので配管作業の模様から。

EF65は機関車の中では複雑な配管を持つ部類に入るので、いろいろな線材を使い分けます。
0311 5
ボークス秋葉原で購入した0.1ミリ径の洋白線です。イギリスからの輸入品で、飛行機モデル用らしいです。

同メーカー製の外径0.3、内径0.12ミリの真鍮線に差し込みます。
0311 4
実物はこんなに太さに差はないですが、模型的表現ということで。

金属同士の接着ということで半田付けしました。
0311 3
パイプに差し込んでいるので、瞬着でもそれなりの接着強度は出ると思いますが、念のため。

BONA製の配管止めでボディに取り付けました。
0311 2
細い金属線で配管止めをする方法もありますが、こっちの見栄えのほうが自分は好きです。
ただ、取り付けはその分大変です。

これだけ銘板パーツのストックがあったのに、501に必要な「川崎」がありませんでした・・・・・。
新居は秋葉原まで自転車圏内なので、そのうち仕入れに行きます。
0311 1
いつか使うことになるでしょうから、これらの塗装剥離&ゲート処理も一緒にやってしまおうと思います。
エッチングパーツのゲート処理って案外面倒なんですよね。
スポンサーサイト
2012-03-11 : EF65 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

EF65118 その2

今日は屋根塗装です。
特に珍しいことはしていません。

テープとゾルでマスキングして
ef65 5

完了です。
ef65 6

マスキングゾルはMr.マスキングゾル・ネオを使用しています。乾燥後にカットができないタイプですが、剥がしやすいのでテープ同士の隙間や浮きを埋めるのには適していると思います。

ところで屋根の塗り分けってこれであってるのかな?
2010-11-30 : EF65 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

EF65118 その1

 先日のEF81139はLEDを装換することにしたので、部品が手に入るまで別の仕掛け品の作業を進めることにします。
 
 今回は富EF65ユーロを種車にしてEF65118を作ります。当初は試験塗装の116になる予定でしたが、富のイベント会場限定品で製品化されてしまったので二色更新にしてお茶を濁します。
最初はさくさくと進めるつもりでしたが・・・・・・
ef65 118 1

ef65 3
 この後の裾帯用ディープブルーのマスキング中、テープに塗膜の一部が持っていかれるというトラブルが発生してしまいました。
 ここまできたら振り出しに戻ってコンセプト変更です。IPAで塗装を全て剥がした後、屋根上配管をパイピングしてしまいます。
ef65 2

ef65 4

EF65 ave
今度はうまくいきました。なんだかrenfeのカマみたいに見えます。フリーランスでAVEカラーのEF65を作ったらカッコイイかもしれません。
2010-11-28 : EF65 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。