KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

11/3 高機で資料集め

イセコマから高機にワープし、機関区ジオラマ製作のための資料画像を撮影しました。

自分が高機という言葉からイメージするのはここらへんです。庫4番と言うんでしたっけ?
高機1
数年前まで、ここに色褪せて水色になったEF63やEF60が放置されていましたね。自分が小学生の頃は、現在の碓氷峠鉄道文化村の展示車両が高機にごろごろしていました。EF63とEF60は文化村の展示車両から漏れて、倉賀野で解体されたと記憶しています。
バラストがあまりなく、土に埋まった感じの線路が機関区らしいですが、模型で再現するのは難しそうです。

機関区の上り方にある研修庫です。ベースサイズ的に、今回はこっちの倉をイメージしたジオラマにする予定。
高機2
GMの電車庫の改造でそれらしくできそうですね。屋根上を見るための通路をどこまで再現するかが問題です。

倉の上り方には給電部ぽい架線柱が。
高機3
これもGMでそれらしいパーツが出ていたはずなので、モチベーションしだいで再現しましょう。
この角度からだと、倉の中の床が緑色なのが見て取れます。また、屋根はGMの電車庫とは違い、トタンぽい波板でできています。

上の写真の反対側です。
高機7
この角度だと模型みたいに見えますね。こちら側の線路は割とバラストがしっかりとしていて、土っぽさがありません。通路がコンクリーで固められているせいでしょうか。

いつの間にかSLいせさき牽引機の回送が。
高機4
1001・37・Pトップが写ってます。ロクマルがいれば文句なかったですが、1両だけ東の端にいたのでフレームインできませんでした。

2082も見られました。
高機5
こうして見ると、上越線の汚れは他線区の路線と違うことがわかります。高崎操~南長岡をメインで走るEH200はオレンジ系の汚れです。高機のロクヨンが愛知に転属してから汚れ方が黒っぽくなった気がしていましたが、やはり気のせいではないようです。
参考に2009年3月撮影の画像を。
1036
EF64 1036

1026
EF64 1026

確かEF64 1026が愛知に転属すると知って、あわてて葬式に行ったときに撮った画像です。


よく見ると貴重な初期型冷風機付の1026でした。
高機6
この2枚の画像を見比べると、違いがよくわかります。

資料画像は以上です。
スポンサーサイト
2011-11-03 : EF64 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

EF64 58 完成・真

 先日完成報告記事を書いたEF64 58ですが、一部改良したので新しく記事を書きなおしたいと思います。

ネットで注文しておいた日章旗が手に入ったので、一部加工の上取り付けました。DD54用の日章旗の竿の部分を少しカットして短くして使っています。固定は両面テープです。
EF64 58 20
本当はKATOのクイックヘッドマークのようにマグネット式にしたかったのですが、日章旗の裏に付ける金属部品にいいものが見つからなかったので、両面テープ式で妥協しています。

連結器も銀色に塗装しました。
EF64 58 21
早く運転会で1号編成を牽かせて遊びたいです。

おわり
2011-10-26 : EF64 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

EF64 58 完成

 EF64 58が完成しました。
 1978年10月の長野国体お召し牽引時をプロトタイプとしています。
EF64 58 15
TOMIXのEF64 7次形をタネ車としているので、全塗装した割にインパクトがないのはご愛嬌です。ナンバーが埋め立てられていたり、前面窓下手すりが銀色になっていたりするのが目につく加工点でしょうか。

地味に色挿しが多くて疲れました。
EF64 58 17
裸眼でこれ以上の精度の色挿しはキツいです。58号機を作るときのポイントは、誘導員手すりがクリーム色のままであることと、ジャンパ栓蓋が銀色に塗られていることくらいです。末期の篠ノ井機関区イベントのときの画像ではなく、鉄ピクで実際のお召し牽引時の画像を調べたので、色挿し箇所については間違いないと思います。また画像ではわかりにくいですが、ワイパーにBONAのWP35を使ってみました。かなり細いパーツで取り付けにもの凄く気を遣いますが、非常に実感的です。ワイパーは完成してから触るような場所ではないので、今後はBONA製を標準として使っていこうと思います。さよなら銀河のワイパー。

屋根も青一色塗りなので、パンタ下のみ艶消しとしてアクセントをつけておきました。
EF64 58 19
パンタグラフは台枠が黒、それ以外が銀色なので、きちんと塗り分けました。分解してから塗装した方が塗り分けは簡単ですが、組み立てるときに塗膜が剥げそうな気がしたので、銀を塗ってからマスキングをして黒を吹いています。最初はかなり無茶な気がしましたが、マスキングゾルを併用したらそれなりにできました。

今回のEF64は3ヶ月弱で落成しましたが、それ相応な仕上がりになってしまった感じがあります。お召し機を作るときは表面処理にもっと気を遣わないとだめですね。まあ今後お召し機を作るための習作としての成果は十分にあったと思います。
KATOのDF50が再生産になるみたいなので、今度は和歌山お召しでも作りましょうかね。


といいつつ次回作にもう手を付け始めています↓
sIMG_2098.jpg
展示台という名のジオラマっぽいもの。高機の東側にある小さい方の検車庫のイメージで。
2011-10-19 : EF64 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

EF64 58 その4

EF6458に手すりを付けました。
EF64 58 6

ナンバーはGDIのEF65用を使っています。去年のJMNAで訳有り品として安く売られていたものですが、糊の劣化等もなく普通に貼れました。
EF64 58 7
KATOのメタルインレタが苦情によって廃止されたのは記憶に新しいところですが、あの騒動は一体なんだったんでしょう?
メタルインレタは強く擦りすぎて文字が潰れてしまうこともないですし、インレタ余白部がシール状になっていて位置決めもしやすいので、自分は普通のインレタよりも扱いやすいと感じています。

今にも完成しそうな状態に見えますが、ここから完成までに時間がかかるのが自分です。今回はお召し機なので、色挿しが多くて大変です。次の三連休で完成できればいいですが・・・・・・。
2011-10-06 : EF64 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

EF64 58 その3+α

EF6458のHゴムに色挿しをしました。
EF64 58 13
国鉄時代のお召し機なので、殆ど白に近いグレーを塗っています。それにしてもトミックスのカマはHゴムの色挿しが大変です。ボディ側にモールドされている上に、モールド自体の彫りもかなり浅いです。また、今回のように濃い色の上から白を挿す場合は、最低2回は重ね塗りしないとキツいです。

なんとか色挿しが終わりました。結局1日では集中力が持たず、2日かかってしまいました。
EF64 58 14
手すりの銀挿しと相まってお召し機らしくなってきました。結構いい感じです。

先日発売になったトミックスのEF64 1000で少し遊んでみました。
富ロクヨン テール

富ロクヨン 作業灯
まだテスト段階ですが、作業灯とテールライトを点灯可能なことがわかりました。
こちらも近いうちに完成させましょう。

2011-10-02 : EF64 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。