KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

コキ104の加工

着々と引越の準備を進めていて、塗装作業ができないので、こんなことをしてます。

レボリューションのインレタ(品番624)を使って車番を変えました。
コキ104車番
でもレボのインレタには16種類の車番しか収録されていないんですよね。
手持ちのコキ104は20両いるので、4両はインレタの切り貼りをしないといけないようです。

製品では省略されている検査表記や形式表記も貼っておきます。
コキ104表記
こちらは品番578を使用しました。
最初のうちは検査表記の方がなかなか貼りつかず、発狂寸前になりましたが、おとなしく新しいインレタを使ったらすんなりと貼りつきました。レボのインレタは劣化すると全然貼りつかなくなるので、要注意です。
それに対してくろま屋のインレタは粘着力がよすぎて、下ろしたてだと位置合わせしている途中に貼りついてしまうイメージがあります。個人的にはくろま屋の方が扱いやすくて好きですね。

車番変更の際には元の車番を落とさないといけません。
まずはデザインナイフを使って、カンナがけの要領で車番を削り落します。白いインクが盛り上がったようになっているので、それなりに削れると思います。
コキ104車番消し
やりすぎると余計なところまで削れてしまうので、ここらへんでカンナがけは終わりにして、

田宮のエナメル溶剤を付けた麺棒で残りを落とします。
コキ104車番消し2
適度に塗膜が溶けて、デザインナイフでつけてしまった傷も目立たなくなります。
この上からインレタを貼ればめでたく車番変更完了です。こんなラフな作業でも、上からインレタを貼ると、まったくと言っていいほど違和感はありません。

続いてはお決まりのカプラー加工です。
デフォルトのアーノルドカプラーをTNやUSAナックルに変えただけでは連結面間隔があまり短縮されないので、カプラーポケット側の加工が必要です。
コキ104カプラー加工1
t1.0のプラ板を2.3×1.5の小片に切り出し、ポケットに貼りつけます。これで1.5ミリ分カプラーが引っ込むことになります。
接着には定番のセメダインPPXを使用しました。

今回使用するのはEH200用のナックルカプラーです。シンキョーは小さすぎて自動解放が心配ですし、TNカプラーは連結が非常に面倒なことになるので、実用性と見た目のバランスがとれたナックルカプラーにしました。
なにより自分が加工したカマはナックルカプラーが標準ですからね。運転会をやるたびにTN信者と殴り合いのケンカをしているのは秘密です。
コキ104カプラー加工2
カプラー本体は後ろの突起を切り落としておきます。上:加工前 下:加工後

あとはカプラー、スプリングをポケットに詰めて、蓋をするだけです。
コキ104カプラー加工3
自動解放防止のためにキツキツな位置にプラ板を貼っているので、スプリングはほとんど意味をなしていないと思いますが、気休め程度に入れてあります。

試しにデッキの手すりを塗装し、黄かん色を挿してみました。
コキ104手すり
筆塗りの黄かん色のムラが結構ひどいですが、画像だとそこまで目立ちません。よかった。
あとでクリアーを吹いてツヤを揃えれば許容範囲でしょう。

というわけで引越&期末考査終了まではこんな内職のような加工が続きます・・・・・・。


スポンサーサイト
2012-02-12 : 鉄道模型 Modelleisenbahn : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

2/4 中央西線遠征

土曜日に久しぶりに西線にいってきました。
前日までは晴れ予報でしたが、いざ現地に着いてみると、ほとんど雪でした(汗

6883レは定番の伊奈川で。
6883レ 1
本当は雪晴れを期待していたんですが・・・・・。まあこれはこれで絵になったのでよしとしましょう。

須原停で追い抜いて宮ノ越でやりましたが、立ち小便をしているときにやってきたのでレリーズを握り損ねて撃沈。
唯一の晴れポイントだったので悔しい限り。

気を取り直して贄川~日出塩の鉄橋へ。
6883レ 2
木がほとんど白くなっていなかったです。

ここらへんで6883を切り上げて、3084に転戦しました。
一発目を贄川の国道沿いでやったあと、落合川~中津川の定番に移動しました。
6883レ 3
まだ綺麗な1020が来てくれました。更新2周目から採用された放熱通風気カバーの銀塗装は目立ちますね。
1015がこの塗装になってすぐの頃は結構必死に追っかけた気がします。

81レは雪景色の中で一発撮りです。
81レ
十二兼南木曽のS字にて。こんな雪の中でロクヨンを撮るのは、3年前の沼田後閑以来です。
雪の中を走るロクヨンはやっぱりかっこいいです。

おまけ
マルタイ甲種
2/2のマルタイ甲種です。
2012-02-05 : 実車撮影 Eisenbahnfotos in Japan : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。