KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【こまち】秋田局お座敷気動車を作る 完結編【おばこ】

ついにキロ59が完成したので、ご紹介したいと思います。

まずは各車の形式写真から。

キロ59 501
写真 2013-06-26 23 06 37

キロ59 502
写真 2013-06-26 23 04 45 (1)

キロ29 501
写真 2013-06-26 23 00 23

先頭部のアップ
写真 2013-06-26 23 18 34 (1)
手前からキロ59 502、501、キロ29 501です。前面窓下手すりの高さやジャンパ栓の位置、テールライト形状などが各車で異なっています。

編成両端にくるキロ59です。
写真 2013-06-26 23 19 44 (1)
←501 502→
501では前面窓下手すりが低く、反射板掛けも標準的な位置より端に寄っているのを再現しました。
502ではジャンパ栓の位置が非冷房車同様の位置になっているので、α-modelのジャンパ栓を加工して再現しました。501のジャンパ栓は製品のままです。
愛称幕は実物に倣って2種類作ってみました。
方向幕の文字が微妙にずれてしまいました・・・・・・。この角度から見るとバレますね。

ヘッドライト・テールライト・愛称幕が点灯します。
写真 2013-06-26 23 07 27

写真 2013-06-26 23 07 49
愛称幕はブリッジダイオードを使った回路になっているので、前進・後退によらず点灯します。
前作の四国団臨色ではうまくいかなかったトレジャータウン製テールライトへの導光も今回は成功しました。
クリアパーツの面をコンパウンドで研磨しておくのがポイントみたいです。

キロ59 502ではデッキ上のベンチレーター撤去跡も再現
写真 2013-06-26 23 08 32

妻面は資料が見つかりませんでしたが、真っ茶色ではなさそうだったので、帯が繋がっていると解釈してみました。
写真 2013-06-26 23 10 29

3輛つなげると、大変見栄えのする編成です。
写真 2013-06-26 23 22 48

えらく時間がかかってしまいましたが、無事に完成してよかったです。
使用パーツ・加工手順について疑問がありましたら、遠慮なくコメント欄までどうぞ。
スポンサーサイト
2013-08-06 : 気動車 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。