KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

欧州遠征2014 Summer その5

9月16日、Marschbahn撮影2日目です。
朝はホテル裏で撮影。
DSC_6371.jpg

DSC_6351.jpg
2枚ともNiebüll~Klanxbüll
前日にホテルに着いたときは真っ暗でわかりませんでしたが、いい感じの撮影地でした。

海を渡ってSylt島へ移動。
DSC_6376.jpg
今日もレンタサイクルを使って移動しました。

DSC_6382.jpg
Keitum~Morsum
移動中に1本来てしまったので、踏切で一枚。

そして目当てのヒンデンブルダムに到着。海から陸に向かって風が吹いていたので、Westerland駅からたっぷり1時間かかりました。
IMG_1511.jpg
Klanxbüll~Morsum

DSC_6422.jpg
海を越えて本土からインターシティがやってきました。

築堤がカーブしているので、遠くから列車が見えます。
DSC_6391 - コピー

数分経ってようやく目の前にやってきます。
DSC_6482.jpg

DSC_6471 - コピー

Sylt島内は基本的に単線で、ヒンデンブルクダム上のみ複線になっているので、立ち位置の真横で交換するパターンのダイヤになっています。
DSC_6483.jpg
したがって、結構な確率で被ります。インターシティは大丈夫ですが、Autozugは被り率高めでした。

天気がいいので日没まで撮影したかったですが、夜から移動なので、泣く泣く撤収。
時間ギリギリまで撮影して、自転車で爆走して駅まで帰りました。復路は海からの追い風だったこともあり、40分ちょいでWesterland駅に到着。

ところ変わって夕刻のHamburg-Altona駅です。
DSC_6490.jpg
人生2度めのシティナイトラインでスイスにワープします。

DSC_6497.jpg
CNL479、コメット号だそうです。

DSC_6494.jpg
気さくなクルーのおじさん。

DSC_6505.jpg
隣のホームに停まっているのはEN491、ウィーン西駅行きのユーロナイトです。
ヨーロッパでも夜行バスが増えているみたいですが、夜行列車も未だ健在といった感じです。

IMG_1528.jpg
暮れなずむハンブルクの街に別れを告げ、チューリッヒに向かいます。





スポンサーサイト
2014-11-10 : ドイツ Deutsche Eisenbahn : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。