KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

9月 ドイツ遠征 その9

 最近は大学の授業等がなかなか忙しいので、ドイツ遠征記を更新してお茶を濁します。需要があるのか謎ですが、将来の自分へのメモも兼ねて記事にしたいと思います。今回は9月17日撮影分です。

 17・18日はGöppingenでMärklintageというイベントが開催されたので、そちらに参加してきました。名前の通り模型がメインのイベントですが、会場最寄りのGöppingen HbfではSLや旧型電機の展示も行われていました。また、ドイツ各地から、Göppingenまで臨時列車が運行され、非常に濃い二日間でした。ちなみに以前に記事に上げたチンドコ列車は、このイベントの展示車両の送り込みです。

 とりあえずイベント初日はS3/6の牽引するラインゴルト号を撮影することに。事前情報によるとDüsseldorfからやってきラインゴルト号客車を、S3/6が途中駅のNürnbergからGöppingenまで牽引するとのことです。
 S3/6はチンドコ列車でGöppingenまで送り込まれていたので、当日にNürnbergまでは自走して行きました。さすがに単回のスジまでは知りませんでしたが、線路をオーバークロスする道路を歩いていたらちょうどやってきてくれました。実にいいタイミングです。
18 478

 そしてEbersbach~Reichsbach間の撮影地に到着。Nürnberg~Göppingen間を全区間乗車してロケハンしましたが、ここが一番いい感じの撮影地でした。
ICE3
ICEと同じ路線をSLが走るとは、にわかには信じられません。

 ちなみにロケハンに使った電はこれです。
roten heuler
”Roten Heuler"ことET25・ET65です。戦前からNürngergで近郊電車として使われていた車両だそうです。当日はこれもGöppingennまでのイベント列車として運用されていました。たまたま駅で見かけたので駄目元で乗れるか尋ねたところ、普通に乗せてくれました。

 雲が湧いてきてヒヤヒヤさせられましたが、待ち時間も退屈しません。
Güterzug in Ebersbach
貨物列車

75 pendelzug
Göppingen行きのシャトル列車

Ekol
Ekol

回送
BR101+BR120+BR143+BR143の回送
本当にいろんなものがやってきました。

 そしてついに本命の登場です。
rheingold mit 18 478
すこし陰ってしまいましたが、そつなく決まりました。かなりのスピードで走行する姿は、93年前に製造されたSLとはとても思えません。

Central BahnのRe4/4が後押しをしていました。この2両がNürnbergまで牽引してきたのでしょう。
rheingold mit re4 4

動画も撮影しておきました。

こうして見返すと、やっぱり迫力があります。上越でチンタラ走っているSLとは雰囲気が違います。

この後はGöppingen Hbfのイベント会場に向かいました。


そういえばしばらく運用を離脱していた103 235が運用復帰しましたね。これに伴ってIC2410・IC2417も103牽引に戻ったようです。
スポンサーサイト
2011-11-01 : ドイツ Deutsche Eisenbahn : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。