KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

9月 ドイツ遠征 その10

予告通り前回の続きです。

ラインゴルトを撮影し終わったので、Göppingen Hbfのイベント会場に向かいました。
SLの添乗走行体験があるとのことだったので、とりあえずそちらに直行です。
01 066
事前にネットで公開されていたプログラムだと01 150のはずでしたが、01 066に変更がかかっていました。自分は066のゴテゴテした感じが好きなので、嬉しい誤算です。
そういえば3月にドイツに行ったときにも01 066の牽引する列車に乗れるはずでしたが、あの時は参加者不足で結局ウヤになってしまいました。今回は半年越しのリベンジを果たせたということですかね。

30分近く待ちましたが、無事に添乗体験をすることができました。
in 01 066
構内の数百メートルを往復するだけですが、実際に乗ってみると感動ものです。翌日も並んでしまいました(汗
こんなイベントがタダで開催されているドイツは素晴らしいです。

本来添乗体験に供される予定だった01 150は端の方で展示されていました。
01 150
無火で置いてあるところを見ると、復元が間に合わなかったのかもしれません。01 150は2005年のニュールンベルク交通博物館の火災でほぼ全焼したカマです。火災直後の写真を見ると、よくここまで復元できたものだと感心します。
ちなみにこのカマはドイツ鉄道100周年、150周年の際のセレモニーでともに使用された、由緒あるカマです。

S3/6の牽いてきた臨時列車も車内が公開されていました。
domcar

youtubeでしか見られなかったドームカーの車内を実際に見ることができました。
in dom car
誰もいない車内の写真も撮れて満足です。この10分後くらいには、かなりの見学者が詰めかけていました。自分の行ったタイミングが良かったんですかね。

BEMの103 136も展示されていました。
103
この103は裾がグレーですが、こんな塗装も現役時代にはあったんでしょうか。

もちろんこのカマの運転台にも入れました。
fuhrerstand 103
真ん中のハンドルみたいなものがマスコンらしいです。よく見ると基部に速度目盛が付いており、本当に定速機能が装備されていることがわかります。40年以上も前の機関車にこんな機能が付いているとは驚きです。

ほかにもいろいろ展示車両があったので、機会があったらまた記事にしたいと思います。


ときめきの恋列車が宮沢ブランドで出るみたいですね・・・・・。
うちにあるデカールの処遇は如何に!!(笑)
スポンサーサイト
2011-11-08 : ドイツ Deutsche Eisenbahn : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
これはかっこいい・・・。(ο´ε`ο)

AEGってアルゲマイネだっけ?w
2011-11-09 20:03 : 上野★地平 URL : 編集
Re: No title
>>上野★地平さま
コメントありがとうございます。
AEGはAllgemeie Elektrizitäts-Gesellschaftの略らしいです。今回Wikipediaで調べて初めて知りました。
ちなみに103型でAEGが製造しているのは電装部分のみで、車体はヘンシェルやクラウスマッファイなどの別の会社が製造しています。

こんな機関車が200キロで客車列車を牽引していたことを考えると興奮します。
2011-11-13 12:08 : KE70HF URL : 編集
No title
ロクヨンセンの川重+富士みたいな感じですねw

日本に住んでいるとどうしても新幹線以外の路線は最高160km/hという刷り込みが…。
海外だと高規格路線でなくても普通に160km/hだの200km/hという速度が出てきてどうも実感が湧きません。

200km/h以上はパンタグラフカバーが無くて平気なの?と余計な心配をしたくなりますw
2011-11-13 22:26 : 上野★地平 URL : 編集
No title
>>上野★地平様

向こうは騒音には特に気を遣ってないみたいですね。
パンタカバー以前に、末期はスカートすら取り外されています(汗

一度でいいのでスカート付きの103を見てみたかったです。
2011-11-16 00:47 : KE70HF URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。