KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

EF81 135 その2

「撮りためた画像で作業しているふりシリーズ」2回目です(笑)

白帯をマスキングしている画像がどこかに行ってしまったので、いきなりボディの塗装が済んだ状態からスタートです。
EF81 135 5
貨物に売却されて1回目の全検後を想定しているので、パンタ下はグレーで。ちなみに屋根板の方は黒です。


ランボードのマスキングを忘れてました。
EF81 135 6
マスキングの手間はかかりますが、後から塗装した方がランボード側面の仕上がりがキレイなので良しとします。

最後に銀帯を塗装します。
EF81 135 7

無事に全ての塗り分けが終了しました。
ef 81 135 8
後から塗ったおかげで、ランボードの側面にもキレイにグレーが乗ってます。検査表記は金沢のはずですが、手持ちに無かったので広島工で代用しています。
今回は全てレボリューションのインレタを使いましたが、相変わらず扱いづらかったです。入手性が良いので以前から使っていますが、なかなかボディに貼り付いてくれません。メタ銀のエンド表記は、自分が使ったことのあるインレタの中で一番の貼りにくさです。次回はくろま屋製を使いたいところです。

前面はジオマトのEF65用をバラして貼っています。
ef 81 135 9
しばらく前に生産終了説が囁かれたジオマトの金属インレタですが、現在は並べ替えを前提とした汎用インレタが販売されているようです。

実際に模型作業ができるのは来月からですかね。
大学生にもなって中間テストがあるとは・・・・・・。
スポンサーサイト
2011-11-13 : EF81 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。