KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

やすらぎ色のEF60 19を作る その8

今回から鬼門の帯塗装です。
0312 11
まずはボディ下辺に沿わせて、1.7ミリのテープを貼っていきます。
このテープで青帯の位置合わせを行います。

前面ステップ上は0.2ミリ幅がちょうどいいようです。
0312 10
細いテープは歪んだり浮いたりしやすいので注意して貼りました。

次に0.6ミリのテープを貼って青帯の位置とし、さらにその上に適当な幅のテープを貼ってサンドします。。
0312 9
隙間や重なりが無いようにぴったりとテープを並べます。

最後に真ん中の0.6ミリのテープを剥がせば完了です。
0312 8
直線・並行が出ていて、いい感じ。
細いテープは歪んで直線が出しにくいので、細帯の塗装にはこの方法は結構有効かもしれません。その分手間はかかりますが。

テープでマスクするのはここまで。
0312 7
残りはゾルに頼ります。

青帯は青20号を使うことにしましたが、GMとFARBEで色合いが結構違います。
0312 6
左がGMカラー、右がf models謹製のFARBEです。違いを誇張して表現すると、GMは退色して灰色がかった感じ、FARBEは土崎ブルーのような紺色っぽさが強い感じです。
今回はFARBEの青20号を使うことにしました。

白の上に青を吹くのは本当に楽ちんです。
0312 5
うまくいったかな。

4時間かかったマスキングも、剥がすのは数分しかかかりません。
0312 4
やったー。
大きなミスもなく、及第点です。

0312 3
ステップの上もキレイにラインが出ました。

一か所だけ乱れていたところがあったので、修正しておきます。
0312 12

周りを囲って
0312 2

修正した部分が0.1ミリくらい太くなってしまいましたが、まあこんなもんでしょう。
0312 1
乗務員室扉横のステップに全く塗料が吹き込んでいないのは、自分でもびっくりです。今のところラウンドハウス製品以上の塗装品質です。

次は最難関の一番上の青帯の塗装に移りたいと思います。 屋根Rにかかっているので並行出しが大変そうです。
スポンサーサイト
2012-03-12 : EF60 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。