KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

やすらぎ色のEF60 19を作る その9

今度は赤帯の塗装に移ります。
0318 3
裾から2.4ミリの位置に、0.4ミリの太さの帯を入れようという寸法です。

マスキング手順は例によって毎回同じなので割愛。
0318 2
使用した塗料はドボン前と同じクレオスのモザンレッド+シャインレッドです。

ぼちぼちですかね。
0318 1

最後に一番下に0.3ミリの太さの細帯を入れます。
03291
これぐらいの太さになると、均一な幅でテープを切りだすのも大変です。

実際のマスキングは太いテープで行うので、直線を出すのは意外とラクだったりします。
03292

そして最後の帯塗装に。
03293

緊張の一瞬です。
03294

上手にできました。
03295
これくらいなら及第点じゃないでしょうか。

ゾルが隙間に残ってしまうので、キレイに除去してあげましょう。
03296
楊枝の先にゾルを塗って乾燥させたものでペタペタやって剥がしました。

しかしまだ屋根塗装が残っているのです。
03297
やすらぎ色時代は資料が少なくて大変です。

03298
ガイアのフラットブラックで塗装しました。

03299
おでこが真っ白ですが、この部分の塗り分けについては後に変更しています。

ボディが一段落したので、小パーツ類の塗装も済ませます。
↓台車枠、モニター屋根、列車無線アンテナetc...
写真 12-03-20 16 34 27

↓ホイッスル
60 ホイッスル
爪がヤバいことになってますね。爪でプライマーの試し吹きをしていたので、風呂に入ってもしばらく爪だけ色が落ちませんでした(笑)

↓パンタグラフ
60パンタ
碍子は白ですが、パンタグラフ本体との間は黒を挿しています。

パンタ摺り板の色は毎回色々と工夫していますが、今回は自家調色しました。
60 パンタシュー色
レシピは上のような感じです。

次回に続く

~海外ネタ~
E10 1239+ラインゴルトの見たままが結構あがってますね。今週末のDresden Altstadtのイベントに向けて、ドイツ人のみなさんはお祭りムードのようです。来年こそは何としても参加したいですね。

スポンサーサイト
2012-03-29 : EF60 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。