KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【こまち】秋田局お座敷気動車を作る その1【おばこ】

お久しぶりです。今日は大学を自主休講(笑)したので、僕の今年のGWは5連休です。
カマ加工は前回のEF60で精根が尽きてしまったので、P501は一旦放置して別のものに手をつけ始めました。

先月に再生産されたTOMIXのキハ58です。今回はこちらを改造していきたいと思います。
キロ59 1
とりあえずIPAで塗装を剥がしました。

前位側の客扉・戸袋窓、後位側客窓を埋めていきます。まずは客扉窓のRをなくし、四角形に広げます。
キロ59 4

この開口部にt1.0ミリのプラ板をはめ込みます。
キロ59 5

さらに上からt0.3ミリのプラ板を貼りつけます。
キロ59 ドア埋め
ドアの彫りは0.2ミリくらいなのです、少し出っ張り気味になります。
あとは瞬着を盛って、しばらく放置します。瞬着といえども、少なくとも数日は乾燥させないとヒケます。

次は伸ばしランナーを大量生産して、
キロ59 伸ばしランナー

ベンチレーター取りつけ穴を塞いでいきます。
キロ59 屋根穴埋め

ひとつひとつの作業は大したことはないのですが、3両すべてに施工するとなると、それなりに時間がかかります。
キロ59 3両
とりあえずここまで終わりました。
スポンサーサイト
2012-05-02 : 気動車 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。