KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

キハ58系四国仕様を作る その2

まずはボディを真っ白に塗装します。色指定はクリーム1号のはずですが、どうも黄色味が強い気がしたので、小田急アイボリーを半分くらい混ぜました。
キハ58下地塗装
白系のGMカラーは激しく色乗りが悪いので、先にモールド部分だけ塗装しておきます。
色逃げを防ぐために少し濃いめの塗料を使うようにします。

そして全体を塗装します。
キハ58白塗装

今回はデザインが幾何学的なので、こんなものを作ってみました。
キハ58マスキングテンプレート
この上で細かい位置を検討します。inkscapeでデータを作ったので、PC上で塗装パターンをテストすることも可能です。

この検討の結果を踏まえてマスキングを行いました。
キハ58マスキング白2
ストライプの角度は45度です。

緊張の一瞬
キハ58マスキング赤
なんか上部の赤帯と車側灯の位置関係がおかしくね?(汗

キハ58マスキング赤2
前面のマスキングは自分でもびっくりするくらいうまくいきました。これなら殆どタッチアップは要らないですね。

全体像はこんな感じです。
キハ58マスキング赤3
今まで何を作るかはっきり書いてきませんでしたが、これでみなさんお分かりですね。
四国の団臨用アコモ改造車です。当然ながら自分は実物を見たことがありません。初めてこの塗装を知ったのは、KATOの製品からでした。

今回の参考資料。確か神保町で買いました。
キハ58鉄道ファン

一つとして実車を見たことがないですが、見ているだけで制作意欲が掻き立てられてワクワクします。
キハ58鉄道ファン2


~~ドイツ鉄道ニュース~~
103 113がついに営業運用に入りました。
http://www.drehscheibe-foren.de/foren/read.php?4,5919252
ケルン発のhistorische ICですが、いつの間にか列番がIC2410からIC2420に変わっていますね。バッファーカバーが無いのが残念ですが、裾が赤い103型もかっこいいものです。

Frankfurtからの送り込みの際には、Orientrotの客車を牽いていて驚きました。まだ旧色の客車が残っていたんですね。
スポンサーサイト
2012-05-20 : 気動車 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。