KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ヨーロッパ2012夏 その4

ミラノ到着の翌日はサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会でレオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐を見物。
その後は色々と市内観光をしたり、ブレラ美術館に行ったりしましたが省略。

そしてさらに翌日の9/20は一日鉄活動の日となりました。
DSC_6162.jpg
ミラノ中央駅を6時半ころに発車するInterCityで世界遺産・チンクエテッレへと向かいます。

自分たちが乗ったのは普通のコンパートメントでしたが、カマ次位だけは寝台車でした。
DSC_6163.jpg

DSC_6164.jpg
まだ暗いうちにミラノ中央駅を発ちます。9月いっぱいはサマータイム制なので日の出が遅いのです。

かれこれ3時間くらいかかって最初の目的地Monterossoに到着。
ここで友人たち(非鉄)と別れてぼっちで鉄活動です。
DSC_6175.jpg
撮影だけでは勿体無いくらい綺麗なところです。


天気がよかったのでほとんどポジばかり切っていました。本来ならプレートでデジとポジの2丁切りですが、今回の遠征は軽装備だったのでどちらか一方しか切れませんでした。ということで現像が終わった画像をどうぞ。

monterosso1.jpg
まずは目的の構図にはまだ日が回っていなかったので、適当に風景撮り。自分で開拓した構図ですが、非常にヨーロピアンな感じ(謎)で気に入っています。通過するのは制御客車先頭の各駅停車です。

だいぶサイドに日が回ってきたのでメインの構図に移動します。
monterosso3.jpg
密かに狙っていたOceanogateの貨物列車が来てくれました。ネットで見つけた画像の光線状態から、だいたい昼頃と読んでいたのですが、実際の通過時刻は12時半頃でした。ちょうど特急の10分続行くらいです。
日本でも新潟に行けばピンクの機関車を海水浴場と絡めて撮れますね(笑)

さらに30分後。
monterosso4.jpg
E656+E633+E656の3重単が逆方向からやってきました。よく見ると先頭のE656だけ旧塗装です。

最後にフレッチャビアンカを撮って撤収しました。
monterosso5.jpg
振り子電車ETR460です。

次はManarolaの撮影地に移動します。

写真 12-09-20 21 56 30
少し迷いましたが、無事に撮影地へ到着。イタリアに行ったら絶対にこの撮影地に来たいと思ってました。予想と違わず、素晴らしいロケーションに感動しました。

DSC_6247.jpg
まずやってきたのはE464牽引の各駅停車です。E464は制御客車と組成することを前提とした作りになっていて、機関車といいつつ実質片運転台で違和感を禁じえません。

客車版のフレッチャビアンカと
monarola1.jpg

電車版のフレッチャビアンカ
monarola2.jpg
2枚を見比べてみると振り子しているのがなんとなく判ります。

最後にお立ち台で記念撮影。
写真 12-09-20 23 58 400
ベルギー国鉄OBの鉄ヲタと一緒に撮影しました。向かって左のおっさんは保存蒸気の運転士だったらしいです。

次回に続く
スポンサーサイト
2012-10-05 : 外国 Ausland : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。