KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【Plandampf】突貫ドイツ遠征 2日目【Werratal】

4月11日、Plandampf撮影1日目です。そもそもPlandampfとは、蒸気機関車牽引の撮影列車を走らせるドイツのイベントのことで、今回は4月11日~13日にEisenach~Meiningen間で行なわれました。Meiningenはドイツ最後の蒸気機関車工場(=Dampflokwerk)があることで有名ですね。ドイツ以外の国の蒸気機関車もMeiningenで全検を受けていたりします。

1本目は日の出前の運転で、とても走行を撮れるような状況ではなかったので、Eisenachの駅で見る鉄がてら動画を撮影。

DGz200 44 1486 Eisenach

SLが牽引する貨物列車を初めて見ることができて感動です。

明るくなってきたので撮影地に移動。小雨が降るなか、朝から30分も歩いて疲れました。
DSC_8402.jpg
DGz201 44 2546+41 1144 Oberrohn ~ Bad Salzungen
あまりにも露出がなくて、デジしか切れませんでした。

先ほどバック運転でBad Salzugenに向かったカマが帰って来ました。
DSC_8416.jpg
DGz202 44 2546+44 1846 Bad Salzungen ~ Oberrohn
しょうもない天気ですが、同形式のテンダー機の重連は絵になりますし、カマ次位の材木運搬車もイイ感じです。
先頭の44 2546は2009年に動態に復活し、現在ドイツ国内で動態保存されている44型は、この画像に写った2輛のみとなっています。あとはオランダに44 1593が動態保存されているみたいです。オランダとドイツで同じ形式のカマが保存されているのが、いかにも陸続きのヨーロッパらしい感じがしますが、よく考えたら日本と台湾でも同じ形式が走っていましたね。

撮影地はこんな感じでした。日本人の感覚だと、このネタでこれしか人がいないというのが信じられません。
写真 2013-04-11 15 37 43
行きの飛行機で隣に座っていた日本人のグループの方が自分の隣で撮影していたのには笑ってしまいました。そのうちの一人の方からお話を伺ったところ、東ドイツ時代にこの路線で現役の44型を撮影したことがあるとのことで、上には上がいるのだと実感した次第です。

そしてこの撮影地でお会いしたドイツ在住の日本人鉄の方が車に便乗させてくれることに。

車で効率よくロケハンし、次の撮影地を決めたところで日も出てきてくれました。
そして・・・・・・、
_DSC4666 - コピー
DGz204 44 2546 Immelborn ~ Wernshausen
44 2546の晴れカットをゲット!!
とりあえずドイツまで遠征してきたモトがとれました。
ここの撮影地は最初は自分たち2人だけでしたが、通過直前にはフランス人軍団がやってきてキャパの割に結構な人数になりました。そのおかげか、煙を多めに出してくれてVでした。
ところで今回もデジ・ポジ・動画の3丁切りをしていたら、フランス人に笑われました。ヨーロッパ人にはスチールを2台以上構えるのが珍しいみたいです。

動画もどうぞ。

編成の長さを読み間違えたので、列車が見えてからあたふたした様子が伝わってきます(汗)

その後は気になっていたWalldorfのS字カーブに行ってみました。SL列車は3日間設定がありますが、ここが順光になるのは、この日が唯一のはずです。
DSC_8468.jpg
DGz205 41 1144 Walldorf ~ Meiningen
煙は微妙ですが、日が当たってくれたので満足です。
線形と背景が津久田Sぽい点も落ち着きます。海外に行くと味噌汁が飲みたくなる的なやつです(笑)

夕方の重連は曇った上に30分くらい遅れてきたので、朝に続いて露出との戦いでした。
DSC_8506.jpg
DGz209 44 1486+44 2546 Oberrohn ~ Marksuhl
D7000さまさまです。

Eisenachに戻ると時間が遅すぎてマトモな飲食店がやっていませんでしたが、なんとかケバブにありつけました。
写真 2013-04-12 4 37 42 (1)
ビヤホールなりレストランなりに行きたかったですが、仕方ないですね。翌日以降の夕飯はどうなるのでしょう。

これで撮影初日が終了です。車に便乗させてくれたN様、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
2013-04-30 : ドイツ Deutsche Eisenbahn : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
撮影お疲れ様!w
D51498が小野上工臨牽いてる感じなんだろうねぇ・・・w

44型のデフの取り付け方がすごく・・・気になります・・・。
2013-05-07 01:02 : 上野★地平 URL : 編集
Re: No title
>>上野★地平様
コメントありがとうございます。

確かに時代考証的にはおかしな貨車も混じっているのでしょうが、とてもカッコ良かったです。
途中駅には自動車輸送車(コキ71みたいなやつ)も留置されていたのですが、さすがにこちらは使われなかったようです。

44型が装備しているのはヴィッテ式除煙板Witte-Windleitblecheで、日本の門鉄デフに似ていますが、ボイラーから生えたパイプで支持されている点が門鉄デフとは異なっています。
2013-05-08 21:06 : KE70HF URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。