KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【こまち】秋田局お座敷気動車を作る その6【おばこ】

超久しぶりにキロ59の製作記です。
6月中旬まで試験の準備が忙しかったのですが、チマチマと進めていました。

ボディ塗装が一段落したので、屋根の加工に移ります。
キロ59では台座を残したままベンチレータが全撤去されてるので、ここを再現します。
元の台座モールドを生かした上でベンチレータの取り付け穴をキレイに埋め立てるのは厳しそうだったので、一度ツルツルにしてから、プラ板で台座を再生することにしました。
台座はt0.13のプラ板を0.9×1.0に切り出して再現し、塞ぎ板はt0.14のプラ板を2.3×1.3に切り出して再現しました。

同じサイズの長方形を量産するときにも、トレジャーさんの細切りテンプレートが役に立ちます。
写真 2013-03-10 17 48 50
2.3ミリ幅に切ったプラ板を、1.3ミリ幅のテンプレートに突き合わせます。
プラ板の上の金尺は直角を出すためのもので、テンプレートと金尺はカッティングマットのマス目に合わせることで水平・垂直を出しています。

こんな感じでカットすることで、キレイな長方形が得られます。
写真 2013-03-10 17 49 29
お陰様でサクサクと進みました。
トレジャーさんの細切りテンプレートは本当に素晴らしい製品です。

接着にはタミヤの白キャップ接着剤を使いました。キャップの裏に付いている刷毛で塗布すると、接着剤がハミ出して大変なことになるので、いつもは手すり用として使っているΦ0.2の洋白線を使って塗布しています。
写真 2013-03-10 18 44 41
今回は貼り付ける数が多かったので、プラ棒に洋白線を突き刺して、簡単ですがお手製のグルーアプリケーターを作ってみました。
写真 2013-03-10 20 18 43
金属線で接着剤を塗っていると、次第に硬化した接着剤が先端に固まってきてしまいますが、そんなときは先端部分をニッパーでカットしながら使えば大丈夫です。


こんな感じで接着剤を塗布します。
写真 2013-03-10 18 51 11

場所が違いますが、貼付け後。
写真 2013-03-10 20 29 26
全部のプラ板を貼り終わり、接着剤が固まったら、縁からタミヤのサラサラタイプの接着剤を流しこんでおきました。このときもはみ出しが最小限で済むように注意しました。接着剤がはみ出していて、いかにもプラ板を貼りました、という感じが出でいるとみっともないので。
あと、t0.14のようなごく薄いプラ板のサラサラタイプの接着剤を使った後には、完全硬化するまで触らないようにしましょう。溶剤分で溶けてフニャフニャになっているので、ピンセットが当たると抉れますし、ペーパーを当てるとキズだらけになります。

列車無線アンテナは取付台座をきちんと再現したかったので、銀河のN089を使いました。
写真 2013-03-10 21 25 59
よく見ると頂点部分にバリのようなものがあります。
見た目的に問題がある上に、ここから塗膜が剥がれてしまうことが予想されるので、削り落とすことにします。

ルーターに咥えて、600番と800番のペーパーで削り落としました。
写真 2013-03-10 21 32 54
ルーターで回転させながら削ると、円錐型が歪むことがないのでキレイに仕上がります。普通にペーパーでゴシゴシやってしまうと、不自然な平面が出てしまうことが無きにしもあらずです。
何よりも、手が疲れません。

巷ではアルファモデルの電動ドリルが流行りですが、自分はその発売2ヶ月前くらいに、このルーターを買ってしまいました。最初は無駄に高い買い物をしてしまったかと思って萎えましたが、実際に使ってみると三爪のチャックはなんでも挟めるのでかなり便利です。このように旋盤のように使ったり、綿棒を挟んでコンパウンド掛けのときにラクができたりします。また、ボディ裏にはみ出た金属手すりを削るのにも必要不可欠です。

塗装後取り付けのその他の金属部品は、まとめてプライマーを吹いてしまいます。
写真 13-03-08 22 22 53

塗り分けラインに被るテールライトはまず金色一色に塗ってしまいます。
写真 2013-03-14 17 55 34
仮にはめ込んでみます。

このときにボルトのモールドの位相を合わせて、ボディ色の茶色で境界線になる部分にマーキングします。
写真 2013-03-14 18 00 27

一旦テールを取り外し、マーキングを参考にして、茶色を筆塗りしてやりました。保持するときは爪楊枝に挿すか、根元をピンバイスで咥えるかするのがいいです。

最終的にこんな感じになりました。
写真 2013-03-14 18 27 20
構想時には本当にできるか不安でしたが、やってみると案外なんとかなるものです。

今度はタイフォンです。こちらもテールライト同様に塗り分け必須です。
まずはピンバイスに噛ませて保持します。
写真 2013-03-15 20 05 28

金色を残す上部だけマスキングしてやります。
写真 2013-03-15 20 08 53
こんな感じです。


テールライトとは違って茶色の面積が多く、平面部分が目立つので、塗りムラがバレるのを避けるために筆塗りはしませんでした。だったら茶色を先に塗って、金色を筆塗りすればいいという話になりますが、金属色の筆塗りも大変そうだったので、結局マスキング+エアブラシに頼ることにしました。塗り分け線も直線ですし。
写真 2013-03-15 22 18 54
目論見通りうまくいきました。
ちなみに中間に入るキロ29だけはタネ車のタイフォンのモールドを生かしています。キロ59は2輛ともジャンパ栓を削るときにタイフォンを傷つけてしまったんです・・・・・・。
タイフォンを残して車体のマスキングを面倒くさくするか、タイフォンを別パーツにしてタイフォン自体の面倒くさいマスキングをするか、という選択なので、特にどちらかをオススメできるものではありません。

車側灯の部分の塗装が乱れているのを発見しました。
写真 2013-03-15 20 30 50

部分塗装でごまかします。
写真 2013-03-15 20 50 08


茶色の上から白を吹くのは隠蔽力的に心配かもしれませんが、この程度のタッチアップならば大丈夫です。
写真 2013-03-15 20 54 25


お次は再び屋根上に移ります。
クーラーの手すりを植え替えます。かなり細かい部分ですが、キレイにできると完成後に結構なチャームポイントになってくれます。
写真 2013-03-10 22 24 03
形状的にペーパーをかけるのがほぼ不可能なので、ノミだけでツライチにするイメージでモールドを削除します。


手すりを植えて塗装しました。
写真 2013-03-18 20 01 18 (1)


次は床下です。最近は床下機器の表記も再現するのがトレンドのようなので、自分もその流れに乗ってみます。
富士川さんのキハ30用を使いました。そもそも気動車の床下表記はこれ以外に無い気がします。
写真 2013-03-17 18 50 48

キハ30用をキハ58系に流用しているので、あくまでそれらしく。
配置区によっても表記が違うようなので、確実そうなところから貼っていきました。

左側の箱の3ピースの表記は元のインレタを切り継いで貼っています。
写真 2013-03-17 18 51 25 (1)
疲れた~。


さらに室内加工も。
お座敷車なのに窓から座席が見えているのも変なので、車内もそれっぽくしています。
まずはダクトニッパーで背もたれとテーブルをカット。
写真 2013-03-20 10 36 57
M車

写真 2013-03-21 18 00 12
T車

写真 2013-03-21 18 01 23
T車

T車の通路部分はルーターにディスクカッターを装着して穴を開けました。次に上からプラ板を貼ることになるので、内側に中途半端に密閉された空間ができないようにするための工夫です。
写真 2013-03-21 20 51 00

ぴったりのサイズに切ったt0.5のプラ板を上から貼り付けます(T車のみ)
写真 2013-03-21 20 51 45
シート座面がちょうどプラ板との接着面になる感じです。

気分転換にここでヘッドライトの色差し。
写真 2013-03-24 22 07 43
茶色ボディに銀色は目立ちます。はみ出さないように注意しました。

最後に窓ガラス類に手を入れます。

愛称幕窓はTOMIXのED79用の貫通扉窓を転用します。
クリアパーツのカットにもルーターが大活躍。ニッパーで切るとヒビが入ります。
写真 2013-03-25 15 46 14
ED79の貫通扉窓を拉致ってくるというアイデアは、某モデラーさんから拝借させて頂きました。

前面窓のワイパーを削ります。
写真 2013-03-25 16 12 33
ノミとペーパーで削り、

写真 2013-03-25 16 17 30
2000番までペーパー掛けします。

あとはタミヤのコンパウンドを細目→仕上げ目の順で使っていきます。
写真 2013-03-25 17 04 50

最終的にはこんな感じ。
写真 2013-03-25 17 26 20
6個もやるのは流石に苦行でした。ものによっては部分的に曇りが取れませんでした・・・・・・。

次回に続く。
スポンサーサイト
2013-07-10 : 気動車 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。