KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【Plandampf】突貫ドイツ遠征 ポジNo.4【Werratal】

以前の記事で、Plandampf最終日の44型重連貨物を追っかけたと書きましたが、今回は追っかけ先の写真をご紹介したいと思います。

事前にMarksuhlで42分停車があることは判っていたので、最後の最後でタクシー追っかけをすることにしました。1箇所目の撮影地のOberrohnまでタクシーで移動し、運転手にSLの通過時刻に再び戻ってきてくれるように言付けしておきました。
そして、Oberrohnの発車シーンを撮影し、急いで撤収して待たせてあったタクシーに飛び乗りました。Oberohnでは微妙なカットになってしまったので、2カ所目のMarksuhlへの期待が高まります。貨物が所定より15分近く遅れた上に、撤収時の鉄渋滞にハマりかけたので間に合うか不安でしたが、10分前にはMarksuhl駅に到着することができました。

が、Maruksuhl発車アングルが予想以上の大激パ。今回のイベント中最大の鉄密度でした。かといって指を咥えて見る鉄するという選択肢を取る訳もなく、ローアングルで構えさせて貰いました。後ろに人がいるのでL字アングルも使えず、足が痺れそうな体勢でなんとか構図を作り終えたら、汽笛の合図とともに貨物列車が動き出しました。
ファインダー中の機関車をじっくり眺める余裕もなく、コロコロ変わる露出に気を遣いながら、列車が切り位置にやってくるのを待ちます。最後は強気の晴れ露出に固定して、シャッターを切りました。

結果↓
Ausfahrt_von_Marksuhl.jpg
3日間に渡るPlandampfを晴れカットで〆ることができました。デジはレリーズが動作しなくて切れませんでしたが、ポジが決まったので救われました。
練習電はありませんでしたが、勘でカマ2輛がちょうどポイントから立ち上がってくるところを収めることができました。そして後方にちょこっと写っているのが後補機41 1144です。ちょっとケツがカツ過ぎたかな。
切り位置で44 1486の煙が少し抜けてしまいましたが、そこは仕方なく目を瞑ります。自分の好きな44 2546の方が爆煙になってくれたのでヨシとします。
WerratalでのPlandampf恒例となっているMarksuhlの発車シーンですが、キレイに晴れたのは今回が初のことではないでしょうか? 去年以前の画像は高感度撮影のようなものばかりでしたが、Plandampf初参加の自分が半面光線の夕日を浴びた重連貨物を撮れたのは非常に大きな成果でした。

ケツが通過する頃には曇っていました。
DSC_8757.jpg

当日の動画がyoutubeにあがっていました。18分頃からがMarksuhl発車です。

本当に自分の切り位置で44 1486の煙が抜けてます・・・・・・。線形の関係で牽引力が掛からなかったんでしょうか。1486番には最後の最後まで振り回されました。
露出の変わり方もハンパないです。晴れ露出に固定しておいてよかった。

ところでTwitterのアカウントを作りました。
運転会メンバーの中で僕だけアカウントが無くて寂しかった訳では断じてありません。

スポンサーサイト
2013-07-24 : ドイツ Deutsche Eisenbahn : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。