KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

新津のボロキハを作る その2

キハ52の加工も並行してやります。

末期の新津のキハ52は全て更新工事が行なわれており、エンジンやドアの交換、給水口の埋め立て等がされていました。
更新エンジンの再現は手間なのでスルーする予定ですが、ボディの変更点はきちんと再現する予定です。

まずはドアをぶち抜きます。
写真 2013-03-29 22 04 21
ドリルで開けた穴を繋げてくり抜くのはミニ四駆の肉抜きと一緒です。

そのままやると確実に靴摺りが破壊されるので、裏から補強を入れます。
写真 2013-06-08 15 58 27
瞬着でΦ0.5の真鍮線を接着しておきます。こうすると、結構な強度になります。
といっても油断は禁物で、2両8箇所の加工中、1箇所だけ靴摺り割ってしまいました。仕方ないのでそこだけプラ板で再生しました↓
写真 2013-09-11 18 33 22
靴摺りはキハ47と一緒にどうにかすることにします。

トレジャータウンのキハ52更新車用ドアをはめ込んで、瞬着で止めます。
瞬着は最初にx3の高強度タイプを点付けし、位置が決まってからx3のサラサラタイプを真鍮線で少しづつ流して固着しました。
写真 2013-06-11 23 33 53
ドアを嵌めで強度が稼げたら、最後に裏の真鍮線を外して完了です。

靴摺りを破壊してしまった部分は、トレジャータウンの幅0.25×厚さ0.1の帯板で復旧しました。
写真 2013-09-11 21 14 35

次回に続く
スポンサーサイト
2013-09-11 : 気動車 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。