KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【粉砕】EF81301 完成【富信者】

ついにEF81301が完成しました。
カトーから銀釜が出るということで焦って製作を始めましたが、プロトタイプが違って一安心です。
今のところは301・302タイプの金型を彫る動きはなさそうですね。

まずは全体画像です。
301 完成1
一応田端機関区所属時代を再現しています。
白Hゴムが国鉄らしいな~、と自己満足してます。

301 完成 配管
割と頑張って加工した常磐無線アンテナ関係の配管類です。
アンテナ本体は全て取り外されていますが、配管だけは殆どのEF81に残されているので資料集めは比較的容易でした。
配管固定具の位置や数がカマによって違うようですが、そこは目をつむる方向で・・・・・・。
あと、常磐無線アンテナ本体は銀河のパーツセットに付属のものではなく、トレジャータウン製の鋳物パーツを使用しています。ボルトの表現もあり、こちらの方がリアルです。

301 完成 屋根
抵抗器カバーが白飛びしていて見にくいですが、屋根全体にうっすらとウェリングを施しています。また、ガイシの白が明らかに目立ちすぎていたので、墨入れで適宜トーンを落としています。
前作のEF81124はギャグのつもりでキツいウェザリングをしましたが、運転会に持っていったら124の方が評判が良かったです(汗

301 完成 2
ATS車上子保護板は新EF81300のASSYから拉致ってきたものです。ちなみに昔売っていたEF60用の車上子保護板とは金型が変わってました。
この角度から見ると、スカート開口部が小さくなっているのがよくわかってイイ感じです。

300番台 比較
最後にカトーの新製品との比較を。
コルゲートの造形は明らかにプラの方が上ですね。ただ、モールドされている手すりや標識灯掛けを別パーツ化するのはかなりの困難が伴うと思われます。
スポンサーサイト
2011-07-01 : EF81 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。