KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【VOITURE】友情列車【AMITIE】

最近1015の記事がご無沙汰ですね。
やはりボディの塗装が終わると一気に作業速度が遅くなります。ボディがある程度形になると、完成した気になっちゃうんですよね~。

それに加えて今はこんなものに浮気してしまっています。
sIMG_0843.jpg
前面強化板付き飯山色のキハ52です。
キハ40系・58系にも同色の車輛が存在しましたが、現在は消滅したカラーバリエーションです。
これもある程度完成したら製作記を書きたいと思います。
スポンサーサイト
2011-07-08 : 気動車 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
こんばんは!

飯山線色のような派手な塗装は模型にしたら目立ちそうですね。
細かい所までいれたキハ58の塗装バリエーションは一体何通りあるのか気になります…。

最近古い鉄ファンみて国鉄時代末期の九州地区でキハ40の試験塗装車がいた事を知りました。
2011-07-09 22:13 : ぱーまる URL : 編集
No title
>>ぱーまるさま
コメントありがとうございます。

飯山色はビビットで凄く印象に残る塗装だと思います。このキハ52は実はときめきの恋列車用の相方として製作することにしたのですが、80~90年代の飯山線は割とキ○ガイじみたことをしてました。

小倉工場試験塗装のキハ40は実物よりも模型の画像の方が見る機会が多い車両の一つですねwww
正直言って、デジカメ登場前の資料画像は鉄道雑誌の方が上だと思います。昨今の鉄道雑誌(どことは言いません)の凋落ぶりもここらへんに原因があるのかもしれません。

2011-07-10 00:33 : KE70HF URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。