KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

EF64 58 その1

 EF641015が完成したので次の仕掛け品に取り掛かっています。
 
 まずはEF6458です。
 実車は末期にも機関区公開イベントに関連して銀挿しがされましたが、今回の模型のプロトタイプは1978年のお召牽引時としたいと思います。

まずはモールドの手すりを削って各種表面処理を行います。
EF64 58 1
つやあり塗装にしたいので、今回は割と気を使います。

TOMIXのEF64はナンバーがプレート式なので、光硬化パテと溶きパテを使って埋めておきます。
EF64 58 2
光硬化パテは適当に隙間に詰めると気泡ができやすいですね。
次回からはもっと丁寧にやることにしましょう。そうすれば溶きパテにあまり頼らずに済むはずです。

今回は屋上配管のパイピングはせず、クレーンフックの別体化のみにとどめました。
EF64 58 3
お召し機はこれくらいすっきりとした表現のほうがいいような気がします。

今回は下地に粒子が細かいと評判のサーフェーサーEVOを使ってみました。車体色はモリタの青15号ですが・・・・・

ホコリをまいたので、ペーパーを当てる羽目になりました。つやあり車体にするので、そのままホコリをまいたまま作業を進めるわけにはいきません。
EF64 58 4
ペーパーをかけた後の塗装の剥げ方がなんかおかしいですね。

気づかないうちにヒサシの塗装が剥げてました。
EF64 58 5
やはり塗料の喰いつきが悪かったようです。サーフェーサーEVOが上塗りした塗料を弾きやすいのか、モリタの青15号の定着力が悪いのかのどちらかが原因のはずですが、おそらく後者でしょう。塗料を弾きやすいサーフェーサーはさすがに存在しないはずです。

EF64 58 6
つやを出そうと厚めに青15号を吹きましたが、梨地っぽくなってしまいました。モリタの塗料自体が半つや~つや消しなので、厚く吹いてもつやが出るわけではなかったようです。

というわけで再びIPA漬けです。
溶きパテ盛りからやり直しです。あ~あ。
スポンサーサイト
2011-09-04 : EF64 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。