KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

9月 ドイツ遠征 その4

 3日目の朝はECを使ってStuttgartシュトゥットガルトからRosenheimローゼンハイムまでスーパーワープします。
この日の狙いは103型の牽く臨時ラインゴルト号です。

 103型はこのブログでも何回か触れている電機です。記事へリンク
日本でも人気のある形式なので、多くの方が写真ならば一度は見たことがあると思います。実車は2000年ごろから一気に廃車が始まり、現在では定期運用はなくなっています。2011年2月現在で車籍があるのは12両ですが、実際に稼働しているのは
103 184 Ffm-Griesheim  DB Historische verkehr
103 222 ST Minden  DB Systemtechnik
103 235 Ffm-Griesheim  DB Historische verkehr
103 245 Muenchen Hbf  DB Fernverkehr
の4両のみです。最近の運用を見てみると、184、235はKoeln~Flesnburg間のIC2410・IC2417やチャーター臨の牽引、245はBw Muenchen Hbfの波動用扱い、222はMesszugと呼ばれる検測車の牽引仕業がもっぱらです。ちなみに222は2005年まで750 003という事業用機関車としての形式を名乗っていました。
 ラインゴルト号自体もとっくの昔に廃止されていますが、当時と同じ赤とベージュのツートンカラーの客車が保存されており、臨時列車として運行されています。屋根がガラス張りの食堂車なども連結され、TEE(Trans Europ Express)全盛の頃を偲ばせる編成となっています。

 いろいろと御託を並べましたが撮影記録です。

 Flickrで目星を付けておいたOstermuenchen~Grosskarolinenfeld間の撮影地に着くと、まさかのサイド潰れでした。
RE in Voegl
バリ順だと思っていたのですが、まさかの落とし穴です。4~9月のドイツはサマータイム制が採用されているので、太陽の南中時刻は12時ではなくて13時なんですね。どうりで日がまわっていない訳です。

 さすがにここで撮影する気は起きないので、50分かけて歩いてきた道を引き返します。するとバリ順の撮影地を発見。とても刈りにいけないようなところに草が茂っていますが、車体にはかからなそうなので許容範囲でしょう。ということでスタンバイを開始すると、背後から貨物が来てしまいました。
Blau Zebra in Voegl
前機がLokomotionの青ゼブラでした。この路線に来たら撮れるんじゃないかと期待していたカマだったので、逆向きから来たのはショックでした。この塗装のカマはドイツでも人気があるらしく、Flickrには専用のグループまで存在します。

 前から色違いのES64F4が来てくれました。
ES64F4 in Voegl
この構図で青ゼブラが撮りたかった・・・・・・。

 そしてついに本命がやってきました。
”Bild des Tages”
AKE Sonderzug nach Bischofshofen
ついにやりました!!
バリ順で103を撮れて感激です。組成は全く予想がつかなかったのですが、展望車がいい感じの位置に写ってくれました。これはポジの仕上がりも楽しみです。

 その後にやってきたRailjetもいい感じに撮れました。
Railjet in Voegl
残念なのは、オーストリア行きなので制御客車が先頭なことですね。画像では見えませんが、ケツには専用塗装のタウルスが付いています。

 最後に再び例の撮影地に寄ってみると・・・・・
RE in Voegl 2
バリ順でした。貨物が来てくれれば文句なしですが、普通列車もカマ牽引なので絵になりますね。

 この日はオーストリアのKufsteinクフシュタインのホテルに泊まりました。山の上に古城がある、小さいですが綺麗な街です。夜は夕食を食べがてらスナップをしてきました。
Kufstein

ホームとライトアップされた城の露出が一緒で助かりました(笑)
Kufstein 2
なんだか幻想的な光景でした。

 翌日はオーストリアのブレーナー線に向かいます。
スポンサーサイト
2011-09-26 : ドイツ Deutsche Eisenbahn : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。