KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

EF64 58 その2

無事に帰国したので、ドイツ旅行前の仕掛け品の作業も再開します。

前回は青15号の塗装まで済ませましたが、モリタの塗料にいろいろと問題が発生したので再びIPA漬けになってしまいました。EF64 58 その1

そういうわけで、再び青15号の塗装から再開します。
EF64 58 7
今回はエアブラシ塗装のセオリーに忠実に、薄目に塗料を乗せるように気を遣いました。

EF64 58 8
まあ完璧とは言えませんが、前回よりははるかにマシですね。やはりモリタの塗料は厚めに吹いてツヤを出そうとしてはいけないみたいです。IPAに漬けた時に溶きパテも一緒に剥がれてしまったので、再びナンバーを埋めなおしています。

マスキングしてGMのクリーム1号を吹きます。
EF64 58 9

マスキングを剥がすと遠目ではいい感じに見えますが、
EF64 58 10

近くで見ると、
EF64 58 11
予想通りクリーム1号がめくれています。しかしながら隠蔽力の低いGMの白系塗料を青15号の上に塗っているので、クリームの塗膜が厚くなってしまうのはやむを得ないと思われます。

ラプロスクロスの4000番で水研ぎしたら、どうにかなりました。
EF64 58 12
あとはRの部分をタッチアップすれば大丈夫でしょう。

旅行のポジの現像が上がりました。
Brenner Bahn ポジ
プリントを受け取るのが楽しみです。
スポンサーサイト
2011-09-28 : EF64 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。