KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

9月 ドイツ遠征 その6

 オーストリア撮影日の後半です。
まだ引っ張るのかという感じですが、しばしお付き合いください。もう大学が始まってしまったので、今後は模型作業の方がなかなか進まなくなるかもしれません。

EC in Matrei
Rh1216牽引のECです。OBBがイタリアへ運行している列車の宣伝が車体に描かれています。タウルスはいろいろな広告バリエーションがあるのがいいですね。この塗装はまだ大人しい方で、元の車体色が全く見えないものもあります。
そういえば形式の書き方がブログ内で一定していませんね。○○型(日本)=BR○○(ドイツ)=Rh○○(オーストリア)です。自分の性格上統一して書くことはないと思うので、まあ察してください。

Guterzug Matrei 2
Rh1144とRh1116の重連貨物がやってきました。荷は日本で言うところのコキ71のようなカーラック車です。この列車もかなりの長さだったので、Rh1144の後補機が付いてました。

 撤収間際にタウルスのトラック輸送が来ました。
1116 Matrei 2
やっぱり積載率が悪いですね。カマもだいぶ退色しています。

 OBBの普電です。専門外なので形式すら知りません(汗
普電 i  Matrei
車体の割に大きなスノープローが山岳地帯の車両らしさを醸しています。見た目は微妙ですが、窓が大きいので乗り鉄するのにはいい車両です。

 クフシュタインの駅に戻りました。駅撮りですが、いい感じの構図だと思います。
1116 in Kufstein
こうして見るとタウルスはかっこいいです。BR189系統の顔はJRFの新型機シリーズがパクっているので見慣れた感がありますが、この類の顔は日本では見られませんね。

 留置線にはES64のペアが留置されていました。
ES64F4 in Kufstein
よく見てみると、手前の停まっている方は日中に貨物を牽いてきたペアですね。前回の記事にある4重単でクフシュタインまで帰ってきていたみたいです。ケツ撃ちだったので気づきませんでした。

 クフシュタイン駅のロッカーで荷物を回収し、ミュンヘンのホテルへ向かいました。
BR218 in Muenchen
↑ミュンヘン駅にて。 BR218+EC
今回の旅行もディーゼルがおざなりになってしまいました。今度行くときは非電化区間で重連の走行写真をやりたいです。

 ミュンヘンで安い宿を取ったら、かなり微妙なところでした。
Muenchen ホテル
なんか鶯谷や神泉みたいなふいんきです。ミュンヘンにもこんな地区があるんですね。3月に行ったときは知りませんでした。観光でミュンヘンに行く方は、Marienplatzなど地下鉄の路線が通っている地区にホテルを取ることをお勧めします。
スポンサーサイト
2011-10-05 : オーストリア Österreichische Eisenbahn : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。