KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

EF64双頭機

KATOのEF641031の試作品が公開されましたね。スカート付近の造形が予想以上に手が込んでいるので、予約してしまいました。本当は富のEF64-1000を見るまでKATO製の増備は凍結する予定だったのですが、1031は富のカマと重連を組むことはないので良しとしましょう。

製品化発表当初にスカートとカプラーが干渉してしまう件はどうするのかホビセンの方に伺ったところ、カプラー側を変更して対応するとのことでしたが、実際に試作品を見ると双頭機特有の欠き取りのあるスカートが再現されていて驚きました。複雑な形状でなかなか自作の出来ないパーツだったので嬉しい限りです。これでEF81の双頭機もリアルに作れますね。

文字だけの記事では難なので、資料になりそうな実車画像を貼っておきます。

ふたなり

皆様お気付きかとは思いますが、画像の1031はKE100の増設前の姿です。KE100は東日本の電車の救援用ジャンパ栓で、209系の廃回開始後にATで取り付けが行われました。この改造とほぼ同時にKE70・KE77のホースが取り外され、KE100の細いホースと相まって貧相な印象になってしまいました。
KATOの1031はKE100増設後がプロトタイプなので増設前の仕様に改造しようと思っていますが、こんどはKE100の位置にあったはずの電暖用KE7を持ってこなければならないのがネックです・・・・・・。
なかなかうまくいかないものですね。
2010-12-16 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

12/12 運転会

昨日は上野地平様主催の運転会に参加してきました。参加された皆様、お疲れさまでした。

自分が空気を読めずにカントレール使用の本線を占拠したり、貨物列車を1両も持っていかなかったりしましたが、まあ楽しかったです。
運転会

次回までに持っていきたいもの
・EF81301+24系ゆうづる
・キハ58系 ほのぼのSUN-IN
・EF65506
・EF641015
一体いくつ完成できるでしょうか?
2010-12-13 : 未分類 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

一回休み

料理をしていたら火傷をしてしまったので、今日の作業はお休みです。
118番は日曜までに完成するのでしょうか?

画像は何の関係もないですが倉賀野貨物ターミナル内の解体線にいる125号機です。
125号機は一般型の最終グループのため、前面裾のステップの幅が狭く、スカート下辺がPF型と同様に一直線になっているのが特徴です。このグループを模型で作る予定はあるのですが、スカートの角の欠き取りをどのように再現するかが最大のネックです。
墓場の65
この角度からの写真を見ると富のATS車上子保護板はディテールが貧弱だなと思います。
2010-12-07 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

1035お見舞い記事

21日夜に深谷駅で発生した人身事故ですが、当該が1035だったようです。
1035の記事を書いた矢先の出来事だったので、なかなかショックでした。

画像は2008年5月の8075レです。今では見られない並びですね。
1035 253
2010-10-25 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

1035

以前にアップした2082レですが、下りの2083も撮りにいってます。
2083
2083レ EF641035+EF641018+コキ16B 津久田~岩本

このときの総括の下り方は1035番でしたが、1035は自分にとって縁のあるカマのようです。
当たりだと思った列車を撮りに行くと、かなりの確率で1035が来ます。

続きを読む

2010-10-13 : 未分類 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。