KATOナックル普及委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

欧州遠征2014 Summer その3

このカートレイン(Autozug)はSylt Shuttleと呼ばれていて、ドイツ本土のNiebüll駅とSylt島の西端のWesterland(Sylt)駅を結んでいます。
DSC_6168.jpg
前回の記事でも述べた通り、Sylt島と本土を結ぶヒンデンブルクダムは鉄道線路のみなので、陸路で島に上陸するには鉄道が唯一の交通手段となっています。ヒンデンブルクは保線用の道路はありますが、あくまで保線用で立入禁止なので、徒歩や自転車でも通ることはできません。
といいつつSylt島はそれなりに大きい島なので、車で島内に行けるように、夏場は大体毎時1往復の割合でカートレインが運転されています。さすが自動車大国ドイツといった感じです。今でこそディーゼル機関車が牽引していますが、昔はSLがカートレインを牽いていたようで、驚くばかりです。

日本にもかつてカートレインが存在しましたが、決定的な違いは、乗客が自分の車に乗ったまま走行することです。
積み込み、積み下ろしもドライバーが自分で行ないます。
DSC_6167.jpg
Westerland駅に到着すると、カマ次位の貨車からスロープを使ってどんどん降車していきます。

そして牽引機の218型。
DSC_6178.jpg

B'B'軸配置、全長16.4mの液体式ディーゼル機関車です。製造年時によって異なりますが、出力およそ2000kWのディーゼルエンジンを搭載し、最高速度は140km/hとなっています。旧番号体系でV160型と呼ばれたディーゼル機関車グループ(V160-Familie)の完成形とも言えるものです。運用は多岐にわたり、特急列車や近距離列車のほか、貨物列車まで牽引するオールマイティーな機関車です。
V160といえば、DD54の手本となった形式です。DD54は法定耐用年数未満で運用離脱し、国会でも追求されるレベルの問題作だったそうですが、こちらの218型は今もドイツ全土で運用されています。
V160ファミリーに所属する形式は非常に多く、分類が結構複雑です。Wikiにある内容から箇条書きにしてみるとこんな感じです。

BR210:BR218にブースター用ガスタービンエンジンを搭載した出力増強形
BR215:BR216の最高速度140km/h向上型、BR216からBR218への橋渡し的形式
BR216:V160ファミリー初代形式・蒸気暖房装備
BR217: 補助エンジン駆動の電暖装備
BR218:メインエンジン駆動の電暖装備
BR219:補助エンジンにガスタービン採用
BR225:BR215から後天改造で蒸気暖房を撤去した貨物用形式
BR225.8:BR218から後天改造で電気暖房を撤去した貨物用形式
BR226:BR216から後天改造されたICE救援機

各形式内にもエンジン型式や最高速度で細かい区分があるみたいですが、これ以上は僕は知りません(汗
必ずしも形式の昇順と時系列が揃っているわけではないので、かなり複雑な形式に感じますが、外人がDD51の番代区分を見たら多分同じように感じることと思います。

という訳で9/15の撮影記に戻ります。Westerland駅に着いたときはご覧の通りのドン曇りでしたが、翌日の晴れ予報を信じてロケハンがてら沿線に出ることにしました。観光地なので駅の近くにはレンタサイクル屋が多くあり、それを利用することにしました。ハスキーとカメラバッグを背負って自転車を漕ぐなんて、高校生に戻ったみたいです(笑)

Keitum~Morsum間の築堤にやってきました。
DSC_6182.jpg
重連牽引のインターシティです。

その後にはカートレインもやってきました。
DSC_6193.jpg
ケツ撃ち。
カートレインのNiebüll方には控車が一両だけ連結されています。よく見るとバイクの絵が書いてあるので、バイクをこの客車に積んでいると思われます。ヨーロッパの一昔前の客車らしい表情がいい感じです。

Westerland発、Sylt島からドイツ本土へ向かうカートレインです。
DSC_6201 - コピー
だんだん晴れてきてヤル気も出てきました。

次回に続く
2014-10-01 : ドイツ Deutsche Eisenbahn : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

欧州遠征2014 Summer その2

9/15(月)、今日はドイツ北端の観光地、Sylt島へ向かいます。

まずは朝のハンブルク中央駅へ。
DSC_6133.jpg

前日電車区で見て気になっていた旧型Sバーンを撮影しました。朝ラッシュ時は運用に入ってるみたいです。
DSC_6146.jpg
癖になる感じのキモ顔です。

見苦しい写真ですが新型Sバーンも参考までにあげておきます。
DSC_6136.jpg
こちらはパグみたいな顔ですが、旧車に比べると随分普通な見た目です。

北の方には雲が湧いていましたが、とりあえず晴れてきたのでSylt島に向かうことにしました。
実は天気が悪かったらハンブルクの有名観光地であるMinitureWonderlandに行くつもりでした。この選択が後々効いてきます。

REでElmshorn駅まで移動し、そこから乗り換え。
Elmshorn駅からは支線が出ているようで、変な連接気動車がいました。
DSC_6151.jpg

ついにNord-Ostsee-Bahn(NOB)でSylt島に上陸です。
DSC_6161.jpg
戦前に作られたヒンデンブルクダムを越え、Sylt島に入ります。ヒンデンブルクダムはSylt島とドイツ本土を結ぶ鉄道用の築堤で、複線の線路が海の真ん中を走っています。車窓からは北海を眺めることができます。

Sylt島の終着駅、Westerland(Sylt)駅に着きました。
DSC_6165.jpg
ズバリこいつ目当てでSylt島まで来たわけです。BR218、かっこいいですね。

次回に続く
2014-10-01 : ドイツ Deutsche Eisenbahn : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

欧州遠征2014 Summer その1

大変お久しぶりです。ブログを放置していることに多方面からご指摘を受けましたので、この旅行記をきっかけに更新再開したいと思います(汗

9/14から、ドイツ方面へ遠征に行ってまいりました。自費で渡欧するのは約一年半ぶりです。

成田空港を正午頃に出る便でした。30分くらい延発でした。
IMG_1423.jpg

航空会社はKLMで機材はボーイング747です。番代は忘れました。
1424.jpg
ボーイング747は日本の航空会社からは退役したとかでちょっと前にニュースになってましたが、海外の航空会社では普通に運用されているんですね。乗った感じだと、液晶テレビや座席に少し古さを感じました。

主翼の少し前の窓側座席なので景色がよく見えます。
1428.jpg
さらば日本。

ロシア上空から見た怪しい地形。
1431.jpg
カフェオレ色の河が蛇行して流れています。
ここらへんです。
IMG_1432.jpg

すごくきれいな景色も見えました。
IMG_1440.jpg

この雲の下では何人の撮り鉄が涙を流しているのでしょうか
IMG_1433.jpg

機内食です。
1436.jpg
ペンネアラビアータぽいのはどの航空会社でもそれなりの味です。

消灯時間中にアイスと水が支給されました。
1435.jpg
機内誌によると日本発便は日本のアイス、ヨーロッパ発便はベルギーアイスらしいです。帰りは寝てたのでベルギーアイス食い損ねました。帰国した今でも後悔しています。

Japanese Cup Noodleらしいです。
1437.jpg
パッケージが日本語ですらありません()

マンダーラを上空から眺める貴重な経験をしました。
1434.jpg

オランダ上空です。
1444.jpg

オランダはアムステルダム、スキポール空港に着きました。
1445.jpg

小型の飛行機にトランジットし、ハンブルクを目指します。
1446.jpg
1時間程度のとても短い空の旅です。

夕方のハンブルク空港に到着。
IMG_1448.jpg

ハンブルク中央駅です。
1453.jpg

中央駅なのに頭端駅ではなく、半地下を線路が貫いている感じの構造です。
DSC_6118.jpg
Hamburg-Altonaが頭端駅なので、歴史的にはアルトナ駅の方が古いんでしょうか。

中央駅の東西で全く景色が違います。

旧市街らしい東側。
1455.jpg

トルコ人と黒人が瓶ビール片手にたむろしていた西側。
1460.jpg
今晩のホテルですが、安宿なのでもちろん西側です(泣

他にタイミングがないので散策しながら街をスナップ
DSC_6101.jpg

DSC_6104.jpg

DSC_6115.jpg

DSC_6111.jpg
小雨が降ってきたので撤収しました。明日からの撮影に不安が募ります。
2014-10-01 : 外国 Ausland : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【Plandampf】突貫ドイツ遠征 ポジNo.4【Werratal】

以前の記事で、Plandampf最終日の44型重連貨物を追っかけたと書きましたが、今回は追っかけ先の写真をご紹介したいと思います。

事前にMarksuhlで42分停車があることは判っていたので、最後の最後でタクシー追っかけをすることにしました。1箇所目の撮影地のOberrohnまでタクシーで移動し、運転手にSLの通過時刻に再び戻ってきてくれるように言付けしておきました。
そして、Oberrohnの発車シーンを撮影し、急いで撤収して待たせてあったタクシーに飛び乗りました。Oberohnでは微妙なカットになってしまったので、2カ所目のMarksuhlへの期待が高まります。貨物が所定より15分近く遅れた上に、撤収時の鉄渋滞にハマりかけたので間に合うか不安でしたが、10分前にはMarksuhl駅に到着することができました。

が、Maruksuhl発車アングルが予想以上の大激パ。今回のイベント中最大の鉄密度でした。かといって指を咥えて見る鉄するという選択肢を取る訳もなく、ローアングルで構えさせて貰いました。後ろに人がいるのでL字アングルも使えず、足が痺れそうな体勢でなんとか構図を作り終えたら、汽笛の合図とともに貨物列車が動き出しました。
ファインダー中の機関車をじっくり眺める余裕もなく、コロコロ変わる露出に気を遣いながら、列車が切り位置にやってくるのを待ちます。最後は強気の晴れ露出に固定して、シャッターを切りました。

結果↓
Ausfahrt_von_Marksuhl.jpg
3日間に渡るPlandampfを晴れカットで〆ることができました。デジはレリーズが動作しなくて切れませんでしたが、ポジが決まったので救われました。
練習電はありませんでしたが、勘でカマ2輛がちょうどポイントから立ち上がってくるところを収めることができました。そして後方にちょこっと写っているのが後補機41 1144です。ちょっとケツがカツ過ぎたかな。
切り位置で44 1486の煙が少し抜けてしまいましたが、そこは仕方なく目を瞑ります。自分の好きな44 2546の方が爆煙になってくれたのでヨシとします。
WerratalでのPlandampf恒例となっているMarksuhlの発車シーンですが、キレイに晴れたのは今回が初のことではないでしょうか? 去年以前の画像は高感度撮影のようなものばかりでしたが、Plandampf初参加の自分が半面光線の夕日を浴びた重連貨物を撮れたのは非常に大きな成果でした。

ケツが通過する頃には曇っていました。
DSC_8757.jpg

当日の動画がyoutubeにあがっていました。18分頃からがMarksuhl発車です。

本当に自分の切り位置で44 1486の煙が抜けてます・・・・・・。線形の関係で牽引力が掛からなかったんでしょうか。1486番には最後の最後まで振り回されました。
露出の変わり方もハンパないです。晴れ露出に固定しておいてよかった。

ところでTwitterのアカウントを作りました。
運転会メンバーの中で僕だけアカウントが無くて寂しかった訳では断じてありません。

2013-07-24 : ドイツ Deutsche Eisenbahn : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【Plandampf】突貫ドイツ遠征 ポジNo.3【Werratal】

カマが移動したおかげで、下回りにも蛍光灯の光が当たってくれました。


電球が星座のようです。
どことなくクロスヘッドの形が日本の蒸気と似ています。

数枚シャッターを切ると、44 2546はクラに戻っていってしまいました。

このあとはBw Eisenachの転車台と扇形庫を見学させていただきました。
2013-07-04 : ドイツ Deutsche Eisenbahn : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

KE70HF

Author:KE70HF
東京都在住の大学生です。
EF64-1000が大好きです。
海外ではドイツの鉄道に興味があります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。